スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハードディスクが値下がり

孫子 作戦篇

 孫子曰く、およそ用兵の法、馳車千駟(ちしゃせんし)、革車千乗(かくしゃせんじょう)、帯甲(たいこう)十万、千里にして糧を饋(おご)る、すなわち内外の費、賓客の用、膠漆(こうしつ)の材、車甲の奉、日に千金を費して、然る後に十万の師挙がる。
その戦いを用うるや勝つも久しければ兵を鈍らせ鋭(えい)を挫(くじ)く。
城を攻むれば力屈し、久しく師を暴(さら)さば国用足らず。
それ兵を鈍らせ鋭を挫き、力を屈し貨を殫(つ)くさぱ、諸侯その弊に乗じて起こる。
智者ありといえども、その後を善くすること能わず。
故に兵は拙速(せっそく)を聞くも、いまだ巧(こう)久しきを睹(み)ず。
それ兵久しくして国利あるは、いまだこれあらず。
故にことごとく用兵の害を知らざれぱ、ことごとく用兵の利を知ること能わず。

 善く兵を用うる者は、役(えき)は再ぴは籍(せき)せず、糧は三たびは載(さい)せず。
用を国に取り、糧を敵に因る。
故に軍食足るべきなり。
国の師に貧なるは、遠く輸(いた)せぱなり。
遠師にして遠く輸(いた)さば百姓貧し。
近師なるときは貴売す。
貴売すれば百姓財竭(つ)く。
財竭くれぱ丘役(きゅうえき)に急なり。
力屈し財竭(つ)き、中原の内、家に虚しく、百姓の費(つい)え、十にその七を去る。
公家(こうか)の費え、破車罷馬(はしゃひば)、甲冑矢弩(かっちゅうしど)、戟楯蔽櫓(げきじゅんへいろ)、丘牛大車(きゅうぎゅうだいしゃ)、十にその六を去る。
故に智将は務めて敵に食(は)む。
敵の一鍾(しょう)を食むは、わが二十鍾に当たり、キカン一石は、わが二十石に当たる。

 故に敵を殺すものは怒りなり。
敵の貨を取るものは利なり。
故に車戦して車十乗巳上(いじょう)を得れぱ、そのまず得たる者を賞し、而して其の旌旗(せいき)を更(か)え、車は雑えてこれに乗り、卒は善くしてこれを養う。
これを敵に勝ちて強を益すという。
故に兵は勝つことを貴び、久しきを貴ばず。
故に兵を知るの将は、民の司命、国家安危の主なり。




他はここ
関連記事

2006/02/14 15:37 | ブログCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ハードディスクが値下がり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。