スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハードディスクが値下がり

大麻を栽培できる「大麻特区」

北見に「大麻特区」 産業用、道が認定(08/07 08:02)

daihyou


 道は六日、国の構造改革特区の北海道版「北海道チャレンジパートナー特区」に、北見市の「産業用大麻栽培特区」を認定した。麻薬成分が低い大麻の建築用資材などへの活用に向け、道が支援する。

 同特区は二〇〇四年度に始まり、これまで四地域が選ばれている。北見市の特区は、遊休農地を利用した大麻栽培体制の確立が目的。輸入や国内流通が厳しく規制される大麻種子を確保するため道が検査態勢の整備など支援する。道は八日、市に認定書を交付する。






ウィキペディア 大麻


大麻(たいま)ないしマリファナ (marijuana) はアサの花、茎、種子、葉などを乾燥し切り刻んで作られる薬である。しばしば、覚せい剤やヘロイン、コカインなどの麻薬と混同されがちだが法律的にも定義が異なり、幻覚作用もなく中毒性も極めて少ない。そのため他の薬物と区別してソフトドラッグに分類する場合がある。

アサの葉及び花冠に含まれるテトラヒドロカンナビノール (THC) や他の物質は陶酔作用を引き起こす。アサの成分は品種によって大きく異なり、THC以外に含まれる成分のバランスによって効果に違いが生じる。特に、ラマルクにより命名された亜種のインドアサ (C.indica Lam) は2000年以上前から中央アジアで品種改良され、一般的な大麻より多くの陶酔成分を含むので一般に嗜好品としての大麻と言えばこのインド麻を指す。また、インドやジャマイカなどではガンジャ(神の草の意)と称される。嗜好品としてだけでなく日常的な労働の中でも用いられる[1]。

産業用のアサは陶酔成分が生成されないよう改良された品種が用いられる。また、品種が同じでも産業用と嗜好用とでは栽培方式が異なる。前者は縦に伸ばすために密集して露地に植えられる方式が主であるが、後者は枝を横に伸ばすために室内栽培が多い。そのため嗜好目的のためのアサを産業的栽培だと偽って栽培するのは困難である。





北海道に大麻を栽培できる「大麻特区」が登場へ - GIGAZINE







麻薬成分を無くせるならイイかもね。

関連記事

2008/08/07 21:33 | ブログCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

ハードディスクが値下がり

コメント

きょうは、覚せい

きょうは、覚せいしたかも。

No:219 2008/08/12 14:40 | BlogPetのnakata #- URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。