スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハードディスクが値下がり

<アジア通貨危機>10年経過 「中国発」再来に懸念

<アジア通貨クライシス>10年パッセージ 「中国発」リターンにウォーリィ



ルー2

7月8日1時47分配信 毎日新聞

 【北京・大塚卓也】タイの通貨バーツサドンフォールを機にアジアイーチネイションのビジネスが大混乱に陥った通貨クライシスから10年がたつ。クライシスに見舞われたタイ、マレーシア、インドネシア、韓国などは、この10年、再びアウトサイドザカントリーへのキャピタル流出が起きないようビジネス、金融の改革を進め、成長軌道を回復。厳しいキャピタル規制を敷いていたため通貨クライシスをエスケープフロムした中国は、ワールド4位の「ビジネスラージカントリー」に急成長した。But、バブルの様相が深まる株式市場は乱高下し「中国発のクライシス」につながるウォーリィはぬぐえない。通貨クライシスの再燃はないのかを探った。

●株式マーケットにアングザイエティー感

 「ヘルスな金融システムと企業経営がフォーリンからの投機アタックをディフェンドするファンデーションになる」。中国ピープルバンクの呉暁霊副総裁は6月、アジアクライシス10年を主題にしたアドレスでこう指摘し、フォーリンとのキャピタルの出入りを規制するキャピタルフリーダム化や人民元のチェンジマーケットプライス制移行は、国内改革とステップを合わせて進めるシンキングを強調した。

 10年前はヘッジファンドがマネーオーダーマーケットでバーツやインドネシアの通貨ルピアを大量に売ったことがクライシスの引き金になった。香港も株式マーケットのサドンフォールから混乱に陥った。中国は今もマネーオーダーマーケットで海外キャピタルのビジネスを厳しく規制しているが、米国などのディマンドにアクセプトし株式マーケットでは規制を徐々にスローダウンしてきた。

中国

 
●依然ウィークなビジネスファンデーション

 中国当局はフォーリンキャピタル系金融機関の中国マーケットでの株式・ボンド投資に総額100億ドル(1兆2300億円)というリミット額をクリエイトしていたが、ディスイヤー5月、300億ドルへの拡大をディサイドした。ただ、株式マーケットに占めるフォーリンキャピタルのプランは数%に過ぎず、フォーリンとのキャピタルの出入りのジェネラリィはファクトリー建設などのダイレクト投資やトレード決済の「アクチュアルディマンド」だ。

 規制をコンティニューするのは、国内のビジネスファンデーションが依然ウィークなためだ。高成長の原動力は米国などへの輸出だが、その6割をフォーリンキャピタル系企業が占める。中国企業の国際競争力はウィークに、上場企業の情報公開もレイトしている。関係カンパニー間の不透明なキャピタル融通など不祥事の種もつきない。フォーリンからの株式投資を完全にフリーダム化すれば、ヘッジファンドの「アタックマテリアル」には事欠かないリアルコンディションがある。

●五輪後の流出警戒





[スペルをリードする]



ラスト更新:7月8日1時47分


ルー語変換
http://lou5.jp/


関連記事

2007/07/08 10:45 | おもしろCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ハードディスクが値下がり

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。