スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハードディスクが値下がり

バレロ 殺人 自殺

バレロ逮捕
  バレロ逮捕だってよ!!!

  強かったのに…。 

  もう、試合見れないのかな…|∥|m(=Д=)m|∥|



ベネズエラ出身のボクシング世界チャンピオン、妻を殺害した疑いで逮捕

4月19日13時12分配信 フジテレビ
ベネズエラ出身のボクシング世界チャンピオンが18日、妻を殺害した疑いで逮捕された。
殺人の疑いで逮捕されたのは、ボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)世界ライト級チャンピオン、エドウィン・バレロ容疑者(28)。
バレロ容疑者は18日早朝、ベネズエラ北部の町バレンシアのホテルで、妻のジェニファーさん(24)を刃物で刺して殺害した疑いが持たれている。
バレロ容疑者は犯行後、ホテルのロビーへ行き、自ら犯行を自供した。
妻の遺体には刺された傷が3カ所あり、警察の調べに対して容疑を認めているという。
バレロ容疑者は、日本のボクシングジムに所属していた経験があり、2006年には神戸などで勝利を収めている。


最終更新:4月19日13時12分                         FNN




Wikipedia


エドウィン・バレロ(Edwin Valero、男性、1981年12月3日 - )は、ベネズエラのプロボクサー。元WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン、現WBC世界ライト級チャンピオン。

試合開始直後から激しい突進で相手を倒しに行くスタイルから「KO Dinamita(ダイナマイト)」の異名を持っている。プロデビューから18戦連続初回KOという記録を持つ。初回KOの連続記録は途絶えたが、現在もデビューからの連続KO記録は続いており、これまで27戦全てでKO勝ちを記録している。










追記 その後、死亡。

元王者バレロが留置場の中で自殺

 2階級制覇王者で元WBC王者エドウィン・バレロ(28=ベネズエラ)が19日未明、留置場の中で自殺したとベネズエラ警察が発表した。バレロは18日早朝、中部カラボボ州バレンシアのホテルの受付で妻(24)を殺害したなどと告げ、駆けつけたベネズエラ警察官が室内で妻の遺体を発見。殺人容疑でベネズエラ警察当局に逮捕されていた。当時は容疑を認めており、アルコール依存症だったという情報もあった。親睦(しんぼく)のある同国のチャベス大統領からはキューバの施設に入るよう勧められていたという。

 [2010年4月19日23時35分]

スポンサーサイト

2010/04/19 18:31 | ボクシングCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

ハードディスクが値下がり

辰吉丈一郎、タイで5年ぶり復帰戦…TKO勝ち - 読売新聞

辰吉丈一郎、タイで5年ぶり復帰戦…TKO勝ち - 読売新聞

20081026-4984848-1-N-small.jpg


 【バンコク=田原徳容】世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級元王者、辰吉丈一郎(3

8)は26日、バンコクでノンタイトル10回戦に臨み、タイのスーパーフライ級4位、パランチャ

イ・チュワタナ(19)を2回2分47秒TKOで下して約5年ぶりの復帰戦を白星で飾った。




 試合は辰吉のペースで進み、最後は得意の左フックを連打し、早々と勝利を決めた。辰吉

は「5年は本当に長かった。相手のパンチは見えていたが、満足できる内容ではない。もっと

試合をしたい」と語り、「タイでやっていくしかない」と現役続行を誓った。


 日本ボクシングコミッション(JBC)規定のプロボクサー資格は「36歳以下」だが、辰吉は

元世界王者の特例で今年9月末までに試合をすれば、現役続行が可能だった。しかし、試

合が組まれず、引退が確定。その後、辰吉がタイでの試合を計画した。


[ 2008年10月26日20時22分 ]




 この試合は54キロの契約体重で行われた。パランチャイの戦績は2勝(2KO)6敗。この日の

敗戦以外の5敗は、いずれも日本国内で日本人選手にKO負けしたものだった。 

[時事通信社]

辰吉、復帰戦でTKO勝ち=5年ぶりバンコクで-ボクシング (時事通信)

2008/10/27 00:52 | ボクシングCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ハードディスクが値下がり

亀田のあわれおせんべい 内藤GJ!!!

kamenage.jpg
ラグビーのようなタックル、チンコパンチ、頭突き、防衛戦なのに挑戦者びいき。
判定ってのは残念だが、よくやった。次の試合も見たい。


サンスポ
亀田の負けだ! 大毅切腹か? 内藤は初防衛 WBC世界フライ級戦

sokuho043_1.jpg

ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ亀田大毅(右)を攻める内藤大介=11日、有明コロシアム=撮影・荒木孝雄

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)が「亀田3兄弟」の二男で世界初挑戦だった亀田大毅(協栄)を大差の判定で下し、初防衛に成功した。33歳1カ月での世界王座防衛は日本のジム所属選手の最年長記録。

 内藤は今夏、17連続防衛中だったポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)を破って新王者になった。3兄弟の長兄、興毅(協栄)を含めて熱望していた亀田兄弟との対戦で実力を示した。

 今回は亀田兄弟にとってプロデビュー以来初めての日本人選手との対戦。亀田大は王者を見下す発言を繰り返し、挑発しながら注目を集めてきたが、力及ばなかった。


◆内藤大助の話

「亀田に勝った結果を素直に喜びたい。思った以上にやりにくかったが、前王者のポンサクレックに比べて全然弱かった。亀田に黒星をつけたことで、国民の期待に少し、応えられたと思う」


http://www.sanspo.com/sokuho/071011/sokuho043.html





関連商品のとこ、ナイフとか刃物ばっかし。

2007/10/11 21:07 | ボクシングCOMMENT(0)TRACKBACK(4)  

ハードディスクが値下がり
 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。